皆さんこんにちは正さんです今日はですね
自動車のオズたネタを

オルタネーター 交換費用は高いです。

まあオーバーホールというかちょっと分解してみるという感じです
を2ネタって今もうできる頭皮んでしたが1万円とかでも買えますんで
反マリ修理するということもないかもしれないですけど
まぁ壊れやすいと決まっているのでベアリングなんかはもう自分で分化して変えた方が
圧倒的に安くできますからそういったことを今日は紹介してい
ています

 

オルタネーター 交換費用って高いですよね!

できれば自分でオーバーホールしたいですが、

はいこのオルタネーターというパーツですけどまぁ用発電機ですねそれで比較的
ポラ振る故障が多いパーツということが言えど a
言えると思います故障のタイプとしてはまあ大きく分けて二種類あって1つは音が出る
ということですね

ことが出る場合はまあベアリング交換ということが多いんですが特にこのベアリング
交換の場合ベアリング単体で買うとほんと何百円とかせいぜい1000円2000円の
パーツデー
で間に合いますので
オズたネタ全部を丸ごと交換してしまうと
新品列島高い車だと10万以上する君ばもまあ
ないことはないですからやっぱりベアリングが悪くなった場合はベアリングダーク交換
したほうが圧倒的に安くすみますねこれからもう一つ乗った a パターンの星
今日は電アシダでないと充電できないといっ
発電してないということですねこの場合は原因がいくつか考えられるので
調べる必要があるのですが全く充電されてない場合はですね
歌ネーター本体がもしくは

レギュレーターというパーツがあるんですけどそれが壊れているからですね
それからえーどうも発電はするんだけどどうも発電のパワーが弱いという場合は
歴ファイヤーっていうパーツダイオードがいくつか使われてるんですけどそのうちの1
個のダイオードだけがダメになってるとかそういうこともあります
今分解の方はどんどん進んできて餌を取ったねーたの後ろのパーツが

いくつか見えずようになりましたけれども
注意したいのはですね分解する時に例えば
ベアリングだけを交換したいという場合でもこの今外している
これキティファイヤーというパーツの
配線のところを外してますけどこれを外さないと
いきなりハウジングを分割しようとすると中野こういうの配線が切れてしまいますので
ちゃんと順序よく分解するということが大切ですね
今外そうとしているのがブラシっていうやつですね
回転する daughter にですねスリップリングという電極がありましてその
電極と接触してまー電気を行き来させるためのパーツですけどこのブラシというパーツ
はもうほとんど消耗品でどんどん減っていくので
これですね

このパーツが限界まで摩耗してしまうと当然発電は全くできないということになります
このパーツでだけでしたら本当に安く簡単に交換できますね
次に今外そうとしているのがレギュレータ
ic でユデータとかボズ提示できデータと言いますけれども
このパーツは発電した電気をですね一定の電圧にする働きをします
えーっとを歌ネタというのはエンジンで不動されているのでエンジンの回転が高い時は
発電する電圧簿 part 上がってしまうんですけれどもそれではまずいということ
でこの ic レビュー
データがですね常に電圧を8まあ14 v 14.5号打当とかそれぐらいかな
に一定にするんですねですからこのパーツが壊れると前髪が全く出ないかあるいはです
ね電圧が変動してしまうという壊れ方をするときもあります
そうなるとですねエンジンをかーっ
の回転数を上げていくと応じをノートがおかしくなったりメーターが変な動きをしたり
スピードメーターとかがですね突然変な動きをするということになるとこれは8
レギュレーターが壊れて電圧がもう15 v とか17分度とか異常に高くなって
しまうとそういう呼称もあり
ますね

もう過ぎてしまいましたけど今でクティファイアっていうのも外しましたけど
レクチファイヤーっていうのは a
オズたねーたが発電した購入の電気を直流に直すあ働きをする部品ですね
それから今指差した奴がスリップリングというやつ
ブラシと接触するものですね
レクチファイアにちょっと話が戻りますけれどもダイオードっていうパーツを4つ使っ
てましてそれで購入の電気を直流に直すんですけど
ダイオードが1個だけここは出たりすると
まぁ一応働くんだけどなんかパワー不足みたいな形になるので
えーちょっと厄介なわかりにくい故障になりますね
あとまぁ余談になりますけど旧車の場合ですねボンテージで切れたが弱いというか
ちょっと電圧が低い場合があって
a
旧車ですと voltage regulator だけ
新しい今の車のものに交換すると
全体的に電圧が上がって電装品が超主翼な分
ええまあバッテリ上がりしにくくなるなんていうこともあります
そんなこと言ってるまに
ハウジングが真っ二つに分かれましたけど
これがコイル
ってやつですねこの敗戦が4本出てますけど
この4本の配線がレクチファイアにつながっているのでそこをちゃんと外してから
how 人口を分割しないとこの配線が切れてしまったりするっていうことですね
今指を突っ込んだのがベアリングですこうして指を突っ込んで回してちょっとでも
ゴロゴロした感じがあればもう
交換した方がいいということになります
今これは反対側のお尻の方のベアリング
からローターを抜いてるところで普通はの簡単に抜けるんですけどちょっと固着してい
たので
ぎゃープーラーで外しています
こちらにも当然ベアリングがありますねこれも指で回してご dots キーが
ちょっとでもあれば交換ですけど
ただこちらのベアリングあんまり負荷がかからないのでそんなに悪くならない
前側のベアリングの方が動的に壊れやすいですね
これでへ
分解が一通り済みましてこんな感じに部品が別れたと
それではベアリングを交換しますで交換しますというかこれ
ベアリング悪くないのでまあこの動画のためにちょっと外してみるというだけなんです

このようにカバーがついてますのでこれを外しまして
そうすると大抵はもう指で押すだけでペアリングが外れてきますただこの a
この歌ね等倍ちょっときつかったのでやっぱりティアプーラーを使って外したんです
けれどもこれがベアリング本体ですね
そしてあのベアリングだけがですね自動車メーカーのパーツとして設定されてない場合
があづんですけど
そういう場合でもをずたネタ全部を交換する必要は無いですこのようにですね
ベアリングを外して直接見るとですね呼び番号というのが必ず書かれてるんで
この呼び番号と後まぁ念のために
外径外側の直径ですね内径
内側の直径通過厚み
外径内径厚みの寸法測っておいて呼び番号がわかればあと
インターネットのですねものだろうとかそういったサイトでベアリングだけを購入でき
ますので
それでエアディングだけ交換すれば
ヲタネタ全体を変える必要はないということになります
動画の方は先ほどから daughter とか今これ恋ずをですねサーキット
テスターで計ってますけれども
まぁ基本的には a 藤堂ウォーターの場合であればスリップリング館は同2ありそれ
以外の部分はどう2なし
こういうもまあ同じような感じですね

もう悪ければ交換ということになりますけれども
ウォーターなんかがええええ
交換という場合はもうやっぱり
オズたねーた全貌は僕のしたと言う後に出会いっていうことになりますね
今はあのリフト品があるので
おそらく新品の daughter 買っちゃうと dp ずと品の方が安いなんて
いうことにもなるので
あとまああのスリップリングが非常に摩耗してですね
ガタガタになっている場合があってそういう場合ですね
ものによってはスリップリングだけを交換できる
オズたねーたもあるんですがまあ一般的にはやっぱり
もう
オズたネタごと交換した方が早いということになっちゃうんじゃないでしょうか
動画の方はもう組み立てに入ってまして
もう
5倍速でどんどんと早送りしてますけれども分解と逆の要領で組んでいくというだけ
ですね
まあそうですねやっぱり
ベアリングそれから a voltage regulator とか
分出しですねその辺が壊れた場合はやっぱり
交換した方が安上がりだとそれ以外のですね
コイルですとか daughter スリップリングなんかが悪い場合はやっぱり
リビルト品を探してきてリビルト品に交換した方が現実的だろうなと思いますあと今回
ですねええ
レクチファイヤーとユーザ様増の会
検査をしてないんですけどこれもサーキットテスターで検査はできるんですがちょっと
まあ難しくなるというかやっぱりこの辺になったらやっぱりもう
リビルト品に交換した方がいいだろうなっていうことで駅ファイアの検査も省略してい
ます
このようなことでちょっと解説がグダグダになってしまいましたけど
オディ種田のエヴァーフォールということで何かの参考になればと思います