オルタネータは発電業界の主役のような存在です
特定の周波数で交流の電力を生成することができ
同期発電機とも呼ばれます
オルタネータ内部の電磁誘導によって発電が行われます
コイルに電気を発生させるにはコイルが時速に対して回転するかまたは時速が
コイルに対して回転する必要があり
オルタネイトの場合後者の方法が用いられます
ローターとステータコイルはオルタネータの2つの主要な構成部分です
ロータが回転する自足を生成
ステータコイルは静止状態であり
ロータに付随する時速がステータコイルで電気を生み出します
ここに示されるロータの種類は凸が太郎たとして知られています
その仕組みを分かりやすくするためにロータを4つの曲のみで検討してみましょう
ロータコイルは直流電力で例示されます
その周囲に発生する磁場はここに示されている通りです
ロータは原動機によって回転しますこれにより
ロータの二足も同じ速度で回転することになります
このように回転する時速はロータの周囲に取り付けられた
ステータコイルと交差
これにより線の両端に
交流の起電力が発生しますそしてこちらが
ロータとステータの仕組みをスローにした様子です
この4曲のシステムの場合ローたが半回転する事に気電力は1サイクルを終えています
誘導起電力の周波数ロータの速度および局の数は以下の関係によって成り立ちます
この関係から明らかなように生成される電気の周波数は機械の回転速度に密接に
結びついています
三相交流の電流を生成するために第一のものと120度のズレがある別の2つの
ステータコイルを
ステータの巻線に入れます