一般にこれらの3つのコイルの一方の端には y 結線
スター結線が施されもう片方の端からは3層の電力が引き出されます
この方程式から60hz の電気を生成するためには4つの曲を持つローターは次の
回転数で作動する必要があることがわかります
このような膨大な回転数はロータの曲に甚大な遠心力を誘発し
これが故障へとつながる危険性があります
そのような理由から凸型ロータには一般的に必要となる回転数が減らせるように
重から二重曲が搭載されますそして凸型ロータは
原動機が比較的低い回転数で回転する時に使用されるものです
ポール子は二曲は時速を効果的に伝達するために使用され
分厚い紅白バンで作られていますこのような断熱層には過電流形成によるエネルギー
損失を低減する役割があります
酸素12曲のステータ巻性をここに示します
ステータコアは時速の伝達を強化するために使用されます
直流電流は一対のスリップリングを介してロータに供給されます
直流電流は外部電源または同じ原動機に取り付けられた小型の直流発電機から供給され
ます
このようなオルタネータは事故レイキと呼ばれます
発電機のバリエーションにより出力される電圧は変化します
端子電圧を所定の限度に保つことが望ましく
自動電圧レギュレータがこれを実現するのに役立ちます界磁電流を制御することにより
電圧調整を簡単に行うことができます
ます